EARTH♡HEART 

 龍神さまのお導き師 

そ ら  さ と み

∞ SORA SATOMI ∞

ー 響感写真家 2017*゜宇宙 里實 ー


導かれるように龍神さまとの繋がりを深めていく中、

気が付けば周りの人から「龍の人」と呼ばれるようになっていました。


ーーーーーー

それは わたしが生まれたころから 決まっていたこと。

空の上で決めてきた 地球での物語。

命を受けたその日から 赤龍と青龍。

つがいの龍に見守られ、時を過ごし、

時が満ちた 壮年期。

神御座様々な地に導かれ、本来の自分を知り始めました。


生き難い世の中

地球では いつの頃からか 愛が枯渇しはじめ

人は誰しも少なからず 愛に餓えていいる

もちろん わたしも 例外なく…


つがいの龍は わたしに 宇宙に生きていた頃からの龍との深い繋がりを伝え、

役目を果たし、出産のため旅立って行きました。


現在 わたしは 新たな 数柱の龍神さまに見護られながら、

いつの頃からか 傍に居る 探究心の強い幼少の妖怪くんと過ごしています。


様々な神社仏閣を訪れることを樂しみ、みなさんと同じような 人としての日常を過ごしています。

そして 時には 龍神カード、龗カードをもちい

【龍神さまのお導き師】としてリーディングセッションを行う傍ら、

愛に向き合うかのように【響感写真家】としても活動しています。


地球に在る あらゆる命の息吹を慈しむように捉える写真は、 カチッとセオリーな写真ではなく、その時、その空間であなたと作り上げる 響感写真家 そら さとみ ならではの感性を活かした作品となります。地球に生きた証しとして 一緒に樂しんでいただけると幸いです。



慈しみ愛(あい)  想いあう 地球で
あるがままに 活きてみませんか?



 

 神戸生まれ、神戸育ち、そのため神戸弁からくる人懐っこさは、容姿とのギャップが不思議と面白く、多くの人に親しまれている。17年間介護業界に従事。その中で命の尊さ、笑顔の愛おしさに胸を打たれ、活き活きとしたステキな表情をファインダー越しに見つけると わたしにも笑顔が溢れ、エネルギーが漲ってくる。この感覚や想いを多くの方に知ってもらい、ひとが生きることの意味、素晴らしさ、あらゆるものの命の息吹、尊さを感じてもらいたいとカメラを手に取る。

 2016年9月より 神戸市保健福祉局主催のイベント『いきいきシニアライフフェア・KOBEシニアライフコレクション』『サロネーゼグランプリ』などのイベント撮影に呼ばれたことをきっかけに、写真活動に力を入れる。

 人物のプロフィール撮影を中心に、イベントやセミナーなど動きのある中でのスナップ撮影を得意とし、セルフイメージが上がり 人を惹きつけるエネルギーの溢れる、 アーティスティックなプロフィール写真に定評がある。 

 また、介護経験を生かし、大切な方がこの世を旅立たれたあとも、ご家族様に素晴らしい想い出として大切に遺しておける写真を贈りたい!との想いから、ご自宅や施設、病院への出張訪問撮影など 生前フォトにも取り組む。

     2017年7月15日には Amazon kindleより写真集『あるがままに』を出版、同時期に初の個展も開催。

 また「ラジオ放送局 ゆめのたね」「RadiCro」などのインターネットラジオにゲスト出演し『写真にどれだけの想いをのせて、贈ることができるのか?』大切にしている撮影に臨む想い、その写真から受け取るエネルギーについても熱く語っている。

 2017年9月23日から『和プロジェクトTAISHI』 世界平和活動のカメラマンとして参加。和の精神からなる、世界平和活動にも貢献している。

 2018年5月には、ロンドンで開催されたDISCOVER THE ONE JAPANESE ART in LONDON へ出展。芸術家としてのチャレンジにも期待される。


 「龍神さまのお導き師」×「響感写真家」----

ただ、撮影するだけでなく なりたい未來を一緒に想い描きながら、お客さまに寄り添う「龍神フォト」は非常にエネルギーが高く、これまでに類を見ない未來の引き寄せ力を後押しすると定評がある。


精神性を大切にする 響感写真家活動 ----

2017.9月より「和プロジェクトTAISIHI 響感写真家」として参加。

和プロジェクトTAISIHIは、約1400年前に聖徳太子が著した「十七条憲法」の第一条「和をもって貴しとなす」という教えから、和とは 循環と寛容、そして調和の精神。寛容とは赦し、受け入れ、認め、尊重し合う。循環と寛容と調和の精神を、「WA」という新たな概念として、日本から世界へ発信することを目指す非営利団体である。-和と愛を日本から世界へ-


Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。